林田 まどか | 社員紹介 | アイレップ新卒採用ホームページ

林田 まどか

プロフィール

林田 まどか

先輩社員のとある一日

先輩社員へのインタビュー

人事

どんな学生時代を過ごしていましたか?

先輩社員

大学生の頃はダラダラと楽しく過ごしてしまい……。もっとちゃんと勉強しよう!と反省して大学院を受験しました。哲学科に合格してからは望み通り(?)勉強漬けの日々。身体論と物語論を中心に研究していました。
哲学の研究ってなにするの??と時々聞かれるのですが……特定のテーマ (例えば、愛ってなんだろう、など)に対して、先行の哲学者の考えを分解、今現代に生きている私達の問題意識のもとで再解釈、自分なりの「答え」を導く作業です。
物事を構造的に捉えたり、テキストやデータから関係性を読みとる訓練は、今の仕事でも役に立っています!

人事

アイレップを志望した理由はなんですか?

先輩社員

どこに行っても通用する「強み」を身に付けたかったからです。
長い職業人生、何が起こるかわからないと考え、社会における私自身の価値を高めることのできるキャリアを積みたいと考えていました。そのため、エージェンシーという、商品力に依存しない提案力やプランニング力を問われる業種、中でも運用型広告ナンバーワンという環境でスキルを高められることは大きな魅力でした。また、面接の過程で会った社員の方がロジカルでスマートで、こういう風になりたい!と思えたことも、大きな要因です。

人事

アイレップの好きなところを教えてください!

先輩社員

「真摯」なところ。クライアントにも、成果にも、社内にも。
向き合うことや、ぶつかることを恐れないし、それで人間関係が悪くなったりはしません!
あと、実はシャイだけど優しい人が多いところ。
大変な時もありますが、絶対誰かが見てくれていて、そっと声をかけてくれます。

人事

いま、どんな仕事をしていますか?

先輩社員

クライアント企業のデータをプロモーションに活用する部署のマネージャーをしています。実は、キャリアの出発点はディスプレイ(バナー)広告のコンサルタントで、3年以上務めました。プロジェクトの一環で営業を経験したことから営業にキャリアチェンジ。担当したクライアント企業がデータ領域に注力していて、必死に勉強したことがきっかけで、データの領域を引っ張っていきたい、と手をあげました。振り返ってみると、その瞬間はそうは見えなくても、確かに一つひとつの仕事が今のキャリアに繋がっています。

人事

入社して意外だったことは?

先輩社員

・嫌な人がいない&陰口がない
・Excelが必然的に上達する
・赤坂のランチの美味しさ

先輩社員のオフショット

オフショット1
今年の夏は長めのお休みを頂いてバリ島にいってきました。猿と触れ合ったり、世界遺産の田んぼを眺めたり……とってもリフレッシュできました。また行きたい!
オフショット2
料理が趣味で、つい先日、食器や調理器具の卸問屋街である合羽橋に行ってきました。色んな料理器具や安くて可愛い食器に大興奮。持ちきれないくらい買いましたが、それでもまだ通りの半分しか制覇出来ていないので、リベンジを誓っています。
オフショット3
なぜか今年は三度も浅草に行きました。それも皆会社の人と!浴衣を着て遊びに行ったり、だらだら飲み歩いたり。部署や年次を横断しての交流ですが、都合が合えば、ぐらいの距離感で長く続いています。